服部大使「スーダン新型コロナウィルス感染症緊急対応プロジェクト」開始イベント参加

2020/10/28
服部大使「スーダン新型コロナウィルス感染症緊急対応プロジェクト」開始イベント参加
 
 2020年10月22日、服部大使は、国立医薬品供給センター(ハルツーム)において開催された、世銀及びスーダン保健省による「スーダン新型コロナウィルス感染症緊急対応プロジェクト」の開始イベントに出席しました。服部大使はスピーチにおいて、新型コロナウィルス感染症拡大のスーダンへの影響に言及しつつ、今回のプロジェクトには日本が主導して立ち上げた「保健危機への備えと対応に係るマルチドナー基金(HEPRF)」より拠出が行われており、日本は新興地域の感染症等の保健的危機への予防・準備・対応能力強化に重きを置いていること、及び本プロジェクトがスーダンの保健能力強化に資するものである旨説明し、今後の日本のスーダンへのコミットメントを約束しました。
 
     
 

 また、服部大使は、出席していたディオン世銀スーダン統括と,今後のスーダンにおける日本と世銀の協力について意見交換を行いました。