水様下痢に対する注意喚起

水様下痢に対する注意喚起


 2016年8月頃から、白ナイル州を中心として、スーダン各地注1)で水様下痢が流行しており、政府発表によれば、現在までに、14,659人が感染し、292人が死亡しています。ハルツームにおいては、Al Diyum地区(南部)で感染が強いという報道もあります。

 また、当地米大は、下痢患者からコレラ菌が検出されたことが確認されたと発表しています。

 邦人の皆さまにおかれては、周囲の衛生状態に留意するとともに、安全な飲食物を摂取するよう心がけて下さい。また、嘔気や下痢などの胃腸症状を自覚した時は、医療機関を受診して下さい。

                                                                                          .
 注1) ハルツーム州、白ナイル州、カッサラ州、青ナイル州、リバーナイル州、ゲジラ州、センナール州、紅海州、ゲダレフ州、北部州、北コルドファン州の、計11州。